ライトコインとは?購入できる日本のおすすめ取引所を紹介!

ライトコイン取引所

つーちゃん
ねぇ所長、ライトコインって取引所で購入できるとこってある?もちろん日本語対応しているところね!
所長
もちろん、ライトコインを取り扱っている日本の取引所はちゃんとあるわ。
所長
あと、ライトコインを購入する前に特徴ぐらいは少し知っておいた方がいいわね。
つーちゃん
あいさー!

ライトコインが購入できる取引所

以前まで、ライトコインを購入するには海外の取引所からしか購入できませんでした。

現在でも、日本の取引所でライトコインが購入できるところはとても少ないです。

coincheckがおすすめ

日本の取引所でライトコインを購入できる取引所は、

coincheckです。

coincheck

個人的にもcoincheckは、仮想通貨投資をするなら必ずアカウント持っておいた方が良いおすすめの取引所です。

なぜなら、coincheckは話題の仮想通貨を数多く取り扱っているからです。

現在、coincheckで購入できる仮想通貨は全部で12種類です。

ビットコインはもちろんのこと、リップル、モネロ、イーサリアムクラシック、ネム、ダッシュなど、他の日本の取引所が扱っていない仮想通貨を購入することができます。

しかも、取り扱いのできる仮想通貨を積極的に増やしている取引所なので、今後も話題の仮想通貨の取り扱いが増えていくことが期待できます。

ライトコインが購入できるその他の取引所は?

coincheckのほかに、ライトコインが購入できる日本語対応の取引所には

Kraken(クラーケン)があります。

Kraken

ただ、難点としてはライトコインは米ドル/ユーロ/カナダドルのみの対応しかしてないということです。

また、Krakenはもともと海外企業なので取引所サイトの日本語が分かりづらいところがあります。

ライトコインとは?

ライトコインは、ビットコインをもとに作られた仮想通貨(アルトコイン)の1種です。

通称名は「LTC」と呼ばれます。

ライトコインはビットコインに非常に似ている仮想通貨で、ビットコインが「金」とするなら、ライトコインは「銀」と例えられます。

ライトコインの特徴は?

ライトコインの基本的な仕組みは、ビットコインと同様だと思ってい良いでしょう。

それゆえ、ビットコインの代替通貨とも呼ばれています。

ビットコインとの主な違いは、

  • 時価総額が劣る
  • 上限枚数が多い
  • 高速な取引が可能
  • 普通のPCでも採掘が可能

といったことです。

特に上限枚数に関しては、ビットコインが2100万枚に対してライトコインは4倍の8400万枚となっています。

ライトコインの時価総額は?

ライトコインは2016年頃までビットコインに次ぐ時価総額第2位の仮想通貨でしたが、イーサリアムやリップルに抜けれて順位を落としています。

現在(2017年4月)、ライトコインは、仮想通貨の時価総額ランキングでは第5位になっています。

仮想通貨は。日々変化が激しい市場ですので数か月後には順位が変わっていることは十分にあります。

仮想通貨の時価総額や市場シェアは、Crypto-Currency Market Capitalizationsで確認することができます。

ライトコインのチャートを見るには?

ライトコインのチャートを確認できるサイトは、CoinGeckoで確認することができます。

ライトコインのチャートへ

先ほど紹介した「Crypto-Currency Market Capitalizations」でも見ることができますが、CoinGeckoの方が日本語なので見やすいと思います。

また、ライトコインを取り扱っている取引所coincheckでもチャートを見ることができます。

coincheckでチャートを見るにはアカウントを作成(無料)する必要があります。

まとめ

ライトコインは基本的には値動きが少ない通貨で、投資対象としての人気はそこまでないように思えます。

しかし、最近のビットコインの内部問題であるスケーラビリティ問題により、代替通貨の期待が高まり、一時500円から1400円ぐらいまで上昇しました。

今後、ライトコインがどうなるかは全く分かりませんし、ビットコインもこのままトップに居続けるかも分からないのが今の仮想通貨です。

ライトコインを購入する場合は、リスクをしっかり抑えた上で購入しましょう。